【女神の加護】安売りします

 ある日のこと、三流冒険者の俺は女神を名乗る怪しげな少女と出会った。

「【女神の加護】安くしておくので、買ってください」
「いらねえ」
「今なら、【ハイヒール】のおまけ付きですよ」
「靴の尖った部分で、人のことを踏もうとすんな!」
「むしろ、ご褒美なんですよね?」
「俺に特殊な趣味はねえよ!」
「素敵な回復魔法ですのに」
「むしろ、ダメージ受けるだろうが!」
「お試しでいいですから、貰ってください!」

 涙眼の少女。人相の悪い俺。ざわざわと騒ぎだす周囲。このままでは、俺は通報されるかもしれない。

「わかったよ。試しな」

 もちろん、俺はこの時の選択をすぐに後悔することになるんだぜ。
24hポイント 0pt
小説 120,106 位 / 120,106件 ファンタジー 31,368 位 / 31,368件