キスから始まる雄豚生活(予感)

 あの日、僕はどうかしていたわけじゃない。“彼”がどうにかさせたんだ――……。
 放課後の教室で見つけた天使のような彼の寝顔に、僕は気がつけばキスをしていた。だけど、目を覚ました彼に気がつかれてしまった。咄嗟に逃げたけれど、明日学校で何を言われるのかを考えると気が気じゃいられないからオナニーをしよう。そうしよう。
24hポイント 7pt
小説 15,619 位 / 58,673件 BL 2,542 位 / 5,023件