自分がヒロインだと気づいたのはラスボスと婚約した後でした

ある日、ミーティはふと自分が学園モノの恋愛ゲームのヒロインになっていることに気づいた。

だが、時すでに遅し。ミーティはヒロインとして何もしないまま大人になっていた。

ゲームの舞台である学校には通わなかった上に攻略対象キャラクターと直接会った事もない。ミーティは至って普通の貴族令嬢として生きてしまい、ゲームとは全く違う人生を歩んでしまった。

そのせいか、ミーティの周りはゲームとはかけ離れ、 攻略対象キャラクターも姉も全く違う人生を送っている。

その極めつけが、半年前にミーティが婚約したその人。ゲームのラスボス、レオリオだった。

ゲーム中に倒され二度と表舞台に出ない筈の彼が存命、しかも、恋愛ルートなんてない筈なのに、彼はミーティの婚約者で……?

既にストーリーも攻略方法もないクリア後の世界。だが、一歩間違えば世界が滅ぶかもしれない。

ミーティはすっかり変わってしまったこの世界で幸せになれるのか?



これはそんなヒロインに激重感情持ちラスボス×そんな彼にハラハラしながら頑張る健気なヒロインの話。


※残酷な描写あり
※軽度な性的描写あり
※誤字脱字という不治の病を患っています。先に皆様に深くお詫び申し上げます。
※更新展開共にゆっくりめです。



24h.ポイント 85pt
200
小説 10,927 位 / 185,274件 恋愛 4,982 位 / 56,264件