逃げてもいいですか?…ダメ?…なら契約を…

あの日は、王子様方の婚約者選別お茶会開催日でしたわ。
この時わたくしはまだ9歳。王子様に会えると言う両親の甘言を真に受け、王宮までやって来たのでした。
王子達の自己紹介とその顔を見た瞬間、目の前が真っ暗になり…あの映像が……

それからはひたすら王子達を避け続け、頑なに婚約者になるのを拒んでいました。

何故って?…前世を思い出したからですよ。

ここは前世で遊んでいた乙女ゲーム『あなたを癒す光の乙女』の世界なんですもの…

お願いだからわたくしを構いに来ないで下さいませ。

「お2人の内どちらかなんてわたくしには選べませんわ」と正式にお断りしたら正式なお返事が来ました。

「…………はああああっ!?」


あり得ない…ホントあり得ないですわ…

何をどうしたらそうなるんですの!?



長編の予定なので、前作までとは違い数日明けての更新になると思います。
ある程度のストックは溜めていますが、無くならない様に書いて行きますね。
皆様に楽しんで頂けると嬉しいです(*^ワ^*)
24hポイント 305pt
小説 3,923 位 / 105,147件 恋愛 1,975 位 / 29,579件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

お飾り王妃は愛されたい

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:72073pt お気に入り:6189

推しに婚約破棄されたとしても可愛いので許す

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:59486pt お気に入り:5741

転異世界のアウトサイダー 神達が仲間なので、最強です

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:25980pt お気に入り:8702

親友が変わってしまったので、留学したら溺愛されてしまいました。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:16237pt お気に入り:5578