性欲がないと言い張る自称執事を拾ったら、最終的に押し倒されてしまいました

《OL執事シリーズ第三弾》

26歳のOL ほたるは、ある夏の日──自宅の玄関先で「今日から私はあなた様の執事です」と告げる男(※イケメン) セバスチャンを拾い、とある理由から同居を始めてしまう。

同居開始直後、ほたるが彼に対して抱いていた警戒心は徐々に解けてゆく。彼の優しさや誠実さに触れたほたるは、次第に彼に惹かれていった。

互いに惹かれ合いながらも、本心を告げない二人。生活を共にして行く中で、ほたるの執事となった目的を達成したセバスチャンは、ついに彼女を──。


────────

このお話は「26歳OL、玄関先でイケメン執事を拾う https://www.alphapolis.co.jp/novel/140702312/86334778
または
https://ncode.syosetu.com/n8854fe/」
の第五十八話と最終話の間の一夜を描いたものです。
こちらだけでも楽しんで頂けますが、気になった方はよろしければ本編までお越しください。

また、「四回目 ~side he~」をほたる目線で書いた「執事さんが狼になった夜 https://www.alphapolis.co.jp/novel/140702312/367348716
または
https://novel18.syosetu.com/n8860fe/」 (短編)もあります。

※ムーンライトにも掲載しています
24hポイント 35pt
小説 19,721 位 / 148,730件 恋愛 9,186 位 / 46,887件