けふ、須古銀次に會ひました。

 一九四四年。戦時中。まだ特別攻撃隊があらわれる前のこと。
 海軍の航空隊がある基地に、須古銀次(すこぎんじ)という男がいた。その者は、身長が高く、白髪で、白鬼と呼ばれる。
 彼が個室の部屋で書類に鉛筆を走らせていると、二人の男達がやって来た——憲兵だ。
 彼らはその部屋に逃げ込んだ二人組を引き渡せと言う。詳しい事情を語らない憲兵達に、須古は口を開いた。

「それは、正義な(正しい)のか」

 言い返された憲兵達は部屋を後にする。
 すると、机下に隠れていた、彼杵(そのぎ)と馬見(うまみ)が出てきた。だが、須古はすぐに用事があるのか、彼らに「〝目を閉じ、耳を塞ぎ、決して口を開くな〟」と言って隠れるように促す。
 須古が部屋を出て行ってすぐに憲兵達は戻ってきた。


※当作品はフィクションです。
作中の登場人物、時代、事情、全てにおいて事実とは全く関係ありません。
24hポイント 0pt
小説 120,226 位 / 120,226件 歴史・時代 1,395 位 / 1,395件