雨色を染めた窓から

──好きです。

ある日、美傘鈴音は通学途中に傘もささずに雨に打たれるクラスメイトに告白してしまう。

彼の名前は稲妻理貴。彼も鈴音と同様にバス通学をしている男子だった。

あの気持ちはただの衝動だったのか、それとも、きっかけに過ぎなかったのか。迷いを抱えたまま登校する鈴音であったが、そこにまた新たに心を乱す事態が発生する。

当の稲妻が教室に現れなかったのだ。

鈴音は自分の心に戸惑いながらも、友達の真島華帆に相談することにしたのだった。


この作品は小説家になろう、カクヨム、ノベルアッププラス、ノベルバでも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 112,074 位 / 112,074件 恋愛 32,217 位 / 32,217件