【完結】記憶喪失の少女と1人の少年の物語

ある日森で1人の少女が眠りについていました。
その少女を見つけた少年“ルイ”は少女を起こして名前を聞きますが、少女は記憶喪失になっていて、何もわからない状態でした。
少年はこのまま一人にするのは危ないと、記憶が戻るまで一緒にいると宣言します。
そして自分の家に招待して、仮の名前“シルビア”と名付け、一緒に記憶が戻る手がかりを探し始めるのでした。
24hポイント 7pt
小説 24,340 位 / 99,084件 恋愛 10,016 位 / 27,536件