奇跡に祝福を

 家族に爪弾きにされていた僕。高等部三学年に進級してすぐ、四神の一つ、西條家の後継者である彼が記憶喪失になった。運命であると僕は知っていたけど、ずっと避けていた。でも、記憶がなくなったことで僕は彼と過ごすことになった。でも、記憶が戻ったら終わり、そんな関係だった。

※不定期更新になります。
24hポイント 163pt
小説 7,459 位 / 148,285件 BL 1,573 位 / 17,046件