3日で保育所をドロップアウトした甥がコミュ障の叔母に預けられたことの顛末

無闇矢鱈な子供扱いを嫌って3日で保育所をドロップアウトした六歳の甥が。

目前に控えた小学校入学に備えなんとか共同生活に慣れる為に。

二十歳でコミュ障の叔母が一人暮らしをするアパートに、居候する事になったその顛末を描いた読み切り連作となっております。

時代設定につきましては、なにそれ美味しいの、という気持ちでやっております。
24hポイント 0pt
小説 84,371 位 / 84,371件 ライト文芸 3,723 位 / 3,723件