隠微な薔薇は夜の闇にとける

ある冬の日、疲れたサラリーマンのシゲルは凍てついた夜に自宅への道を辿っていた。
そこで出会った花の香りにシゲルはどうしようもなく捉われていく。
24hポイント 0pt
小説 63,830 位 / 63,830件 ミステリー 1,630 位 / 1,630件