私の前世は凄絶でした。


魂というのは、様々な魂が寄り集まってできた魂の集合体のようなものである。その魂も無作為ではあるが、繋がりとか因縁とか、そういったものがないわけではない。魂にも相性はあるわけで、今の自分の魂を構成する魂たちも、運命の鎖の様なものでつながっているのかもしれない。そんな魂の集合体の中でも、現世の人格が出来上がるに当たって、大きな影響を与えている魂というのが、誰しもいくつか存在する。そんな前世たちが前面に出てきてしまい、明らかに性格や言動が異なる人格がいくつも出てきてしまう多重人格者になってしまったのが私である。

簡単に言えば、これは私が自覚する5人の前世の話。

私が私自身のために、前世を思い出すという意味で書いているもので、物語として評価されてしまうと困ってしまうので、所謂自叙伝のような感覚で読んでもらえると嬉しい。
24hポイント 0pt
小説 91,331 位 / 91,331件 SF 2,809 位 / 2,809件