語れや勿怪

鎌屋平良は同居人を探していた。どうしても、同居人を作らなければならない理由があった。
編集者の紹介で『同居人候補』としてファミレスに姿を現した男は、砂糖菓子のように笑う怪物みたいな男。勿部ナガル、と名乗った男は、壊れた玩具のような顔で笑う。「でも、おれよりタイラさんのほうが、目はいいのかなぁ?」
怖い話が大好きで人間として壊れている除霊師兼怪談ユーチューバー×霊感バリバリ幸薄作家のホラーBL小説(倫理観薄め)です。

※他サイトで連載していたもの。完結というか一区切り済み。
※誤字脱字報告は不要です。
※同人誌にして春庭に持っていきたい。
24hポイント 14pt
小説 27,684 位 / 144,246件 BL 5,845 位 / 16,464件