【5話完結】三田先輩はクリスマス前は仕事をしない。だから、私は苦いコーヒーを入れる。

年末に向けて仕事を頑張っている中、大きなため息。
また、隣の席の先輩職員の三田九郎だ。
どうやら、またフラれたらしく全く仕事をしてくれない。というか、私に話しかけて仕事の邪魔をしてくる。だから、私は冴えない先輩の目が覚めるように苦いコーヒーを入れた。

そうすれば、いい加減、気づくでしょ?
一番選んだ方が、いい女性がここにいることを。
24hポイント 0pt
小説 148,970 位 / 148,970件 恋愛 46,853 位 / 46,853件