上 下
19 / 107

忠休は羽目之間から芙蓉之間にて指導する奏者番の意知を覗き見ていたのを意知にバレてしまい、羞恥の余り、思わず俯く。

しおりを挟む
しおりを挟む