慟哭

真陽(まひる)50才
もう自分では子供は産めない年齢になっていた。
真陽の夫で、国家公務員の圭介(けいすけ)は男として、また人生のパートナーとして申し分ない相手であった。
しかし最近、些細なことで喧嘩になる。
その度に圭介の自己中心的な性格に嫌気がさしていく。
24hポイント 0pt
小説 125,820 位 / 125,820件 現代文学 6,252 位 / 6,252件