紅き箱庭のフィロソフィア

 人類が長年追い求めてやまなかった夢、不老長寿。
 それを長年の研究の末に実現させた科学者ニコル・ルーヴィエは、次なる目標を世間に掲げた。
 それは、不老不死。小説の中にしか存在し得なかった人類にとっての究極の理想である。

 世間の前で次なる研究目標を語るニコルだったが──突如として飛行機墜落事故に巻き込まれ、気が付くと彼は見知らぬ土地にいた。
 そこは、変容した姿を持った人間が終わりなき戦争を繰り広げている終末の世界だった。

 戦闘に巻き込まれかけて命からがらその場所から逃げ出したニコルが辿り着いたのは、戦場の兵士たちを相手に商売をしている小さな万工房だった。
 そこでニコルは、知らされることになる。今自分がいるこの場所が、自分が生きていた時代の五百年後の世界であるということを──

 ニコルが人類のために作り上げた研究成果は、五百年後の世界に何を齎したのか。
 これは『紅き箱庭』と称される閉ざされた世界の中で紡がれる、ひとつの命題の答を求め続ける狂い果てた人間たちの物語である。
24hポイント 0pt
小説 63,548 位 / 63,548件 SF 2,098 位 / 2,098件