白い皇女は暁にたたずむ

第10回歴史・時代小説大賞参加中! 現在の順位:7
 7世紀の日本。飛鳥時代。斎王として、伊勢神宮に仕える大伯皇女。彼女のもとへ、飛鳥の都より弟の大津皇子が訪れる。
 母は亡く、父も重病となった姉弟2人の運命は――

※「小説家になろう」様など、他サイトにも投稿しています。
24h.ポイント 319pt
54
小説 4,274 位 / 185,982件 歴史・時代 40 位 / 2,388件