お前は名前だけの婚約者だ、と言われたけれど、おかげで幸せになりました。

厳しい選考会を経て第一王子の婚約者に選ばれた侯爵家令嬢シェリアーナ。

王宮での顔合わせの日、王子はお気に入りの侍女を抱きながら、

「お前は名前だけの婚約者だ。愛する人はイリアだけ。俺たちの邪魔をするな」

と言った。

24hポイント 177pt
小説 6,156 位 / 125,092件 恋愛 2,655 位 / 35,745件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

家にあふれている本をメルカリで売りまくって旅の費用にしつつあります。

エッセイ・ノンフィクション / 連載中 24h.ポイント:0pt お気に入り:2

私が幼馴染の婚約者と浮気をしていた? そんな事実はないのですが?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:30274pt お気に入り:2122