勝手に勘違いして、婚約破棄したあなたが悪い

「アリシア。婚約破棄をしてほしい」
「婚約破棄…ですか」
「君と僕とでは、やはり身分が違いすぎるんだ」
「やっぱり上流階級の人間は、上流階級同士でくっつくべきだと思うの。あなたもそう思わない?」
「はぁ…」

なんと返したら良いのか。

私の家は、一代貴族と言われている。いわゆる平民からの成り上がりである。
そんなわけで、没落貴族の息子と政略結婚ならぬ政略婚約をしていたが、その相手から婚約破棄をされてしまった。
理由は、私の家が事業に失敗して、莫大な借金を抱えてしまったからというものだった。
もちろん、そんなのは誰かが飛ばした噂でしかない。
それを律儀に信じてしまったというわけだ。

金の切れ目が縁の切れ目って、本当なのね。
24hポイント 7,959pt
小説 323 位 / 125,878件 ファンタジー 81 位 / 32,357件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

冷遇ですか?違います、厚遇すぎる程に義妹と婚約者に溺愛されてます!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:37436pt お気に入り:7120

婚約者をないがしろにする人はいりません

恋愛 / 完結 24h.ポイント:3578pt お気に入り:2447

虐待された幼子は魔皇帝の契約者となり溺愛される

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:22955pt お気に入り:4436

夏が明ける頃に命をたった君へ

恋愛 / 完結 24h.ポイント:1095pt お気に入り:3

神の審判でやり直しさせられています。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:53996pt お気に入り:6157