ノウゼンの花が咲く頃に

闘病中の沖田総司は、黒猫に話し掛けていた。
すると、急に猫が言葉を話し、総司を不思議な空間に誘う。
そこで出会ったのは、自分の首を抱えた新撰組の局長だった。
24hポイント 28pt
小説 21,583 位 / 148,493件 ライト文芸 279 位 / 6,156件