嫌われてたはずなのに本読んでたらなんか美形伴侶に溺愛されてます〜執着の騎士団長と言語オタクの俺〜

「本を読むのに忙しいから」
自分の伴侶フランソワの言葉を聞いた騎士団長エルムートは己の耳を疑った。
伴侶は着飾ることにしか興味のない上っ面だけの人間だったはずだからだ。
彼は顔を合わせる度にあのアクセサリーが欲しいだのあの毛皮が欲しいだの言ってくる。
だから、嫌味に到底読めないだろう古代語の書物を贈ったのだ。
それが本を読むのに忙しいだと?
愛のない結婚だったはずなのに、突如として変貌したフランソワにエルムートはだんだんと惹かれていく。
まさかフランソワが言語オタクとしての前世の記憶に目覚めているとも知らずに。

※R-18シーンの含まれる話には*マークを付けます。
24hポイント 38,497pt
小説 76 位 / 126,113件 BL 6 位 / 13,689件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

飛竜誤誕顛末記

BL / 連載中 24h.ポイント:22103pt お気に入り:1626

紋章が舌に浮かび上がるとか聞いてない

BL / 連載中 24h.ポイント:5042pt お気に入り:2922

私は公爵令嬢ですけど義妹は男爵令嬢ですわよ

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:146389pt お気に入り:6078

イケメン俳優は万年モブ役者の鬼門です2

BL / 連載中 24h.ポイント:1640pt お気に入り:509

あなたが今後手にするのは全て私が屑籠に捨てるものです【完結保証】

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:137409pt お気に入り:5854

悪役令息に転生したビッチは戦場の天使と呼ばれています。

BL / 連載中 24h.ポイント:21500pt お気に入り:3864