神に愛されたちびっ子賢者はモフモフと共に魔法学院へ通うようです

魔法のすべてを極めた男がいた。
賢者と呼ばれた彼は病床で、「次の人生は自分の技術や知識を魔法界に広め世界に貢献しよう」と決め、死に際に魔法を使い転生する。
神すらも認める存在である賢者に、神はその志の助けとなるよう特別な力を与えた。

能力がさらに強化された賢者は、五〇〇年後の世界で新しい人生をスタートさせる。

だが現代は、貴族の血筋でなければ魔法は使えないことになっていた。

その常識を否定するため、自分の技術や知識を広めるために、たった5歳の村人の子供は王立魔法学院に入学する。
ところが、魔法技術は発展するどころか退化しており、当時では常識とされる知識すらなく
逆に非常識扱いされる賢者は、劣等生と認定されてしまう。

だが他人の評価をまったく気にしない。

気ままに力を行使し、規格外の魔法能力で周囲を圧倒するのだった。
24hポイント 14pt
小説 16,731 位 / 84,376件 ファンタジー 3,581 位 / 24,503件