奴隷少年♡助左衛門


 戦国末期に活躍した海賊商人、納屋助左衛門は人生の絶頂期を迎えていた。しかし時の権力者、秀吉のある要請を断り、その将来に不安な影を落とす。

 やがて助左衛門は倒れ伏せ、少年時代の悪夢にうなされる。

──以後、少年時代の回想

 戦に巻き込まれ雑兵に捕まった少年、助左衛門は物として奴隷市場に出された。キリシタンの彼は珍しがられ、奴隷商人の元締、天海の奴隷として尾張へ連れて行かれることになる。

 その尾張では、
戦国の風雲児、信長がまだ「うつけ」と呼ばれていた頃、彼の領地を巡り戦が起ころうとしていた。

 イクサ。

 なぜ、戦が起こるのか⁈
 なぜ、戦によって奴隷が生まれるのか⁈

 奴隷商人が暗躍する戦場で見た現実に、助左衛門は怒りを覚える!! 

 そして……。


24hポイント 0pt
小説 140,408 位 / 140,408件 歴史・時代 1,570 位 / 1,570件