メタモルフィコ

 高校の合格発表がされた途端、鈴鹿(すずか)の母はそこかしこにハートマークを飛ばして出ていった。
 以来、行方不明の母。
 母との関係がぎくしゃくしている分、独りのんびりと過ごす鈴鹿だが――。

 ある日。
 玄関前にででんと荷物が置かれていた。送り状を見てみれば、母からの荷物。
 なのに、どういうわけか。
 箱の中から出てきたのは日本人なのか外国人なのかよくわからない、男。
 しかも男の主張するところによれば「人型愛玩熊、家事機能搭載字引付き」らしい。
 人型熊ロボットと言い張る男は惟純(いすみ)と名乗るが、熊と言いきったのに惟純の耳は熊耳ではなく猫耳で……。
 しかも惟純は、箱という名の四次元ポケットもどきから鈴鹿の家の鍵を出し、勝手に家にあがってしまう。
 鈴鹿とは絶妙の距離感を保つ惟純。
 そんな彼の態度につられるようにして、鈴鹿は、ここのところ身の回りが物騒であることを話してしまう。

 青春は岐点の軌跡。
 進路を選択しなければならない場面の連続だ。
 独りで過ごすはずだった春にひとつの分岐点にぶつかった、鈴鹿。
 中学校の卒業まであと少し。
 なんだかんだで惟純との同居がスタートした――

24hポイント 0pt
小説 60,899 位 / 60,899件 青春 2,992 位 / 2,992件