顔に痣があって醜い私の前に現れた超ハイスペック金髪ヤンキーの彼

高校一年生の福永愛子、彼女には生まれた時から顔に大きな痣があり、いじめを受けていた。不登校を繰り返すも高校だけは出ておこうと思い、初登校の日、利用する駅の改札を出てみると、素晴らしいピアノの旋律が聴こえてきた。構内にあるストリートピアノに行ってみると、強面の金髪ヤンキーが弾いていた。
24hポイント 14pt
小説 19,433 位 / 99,375件 恋愛 8,199 位 / 27,638件
1 / 3

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!