ハグをして、もう少し生きてみたいと思った

女は虚ろげに、橋の欄干から川を見つめていた。不意に声を掛ける、不思議な存在感を持った人物。相手は自身のことを『死神』だと言う。不信感を抱きながらも、今の自身の心境が導きだした結果なのかもと、より死へと傾倒していく女に『死神』は突然、不思議な提案を持ち掛ける。
24hポイント 0pt
小説 105,477 位 / 105,477件 現代文学 5,481 位 / 5,481件