キメラの告解

これはある者の告解である。
奇妙かつ、錯乱状態にあるようにも見受けられたので真偽の程は分からない。
ある者は息せき切って現れ、その身の上、養父との暮らしぶり、それから告解の芯に触れる自身の「罪」なるものを語り始めた。
24hポイント 0pt
小説 80,583 位 / 80,583件 現代文学 3,772 位 / 3,772件