【完結】散らされた花の行方

その日澄月(チォンユエ)は白家当主に就任したことを報告しに、挨拶に訪れただけだった。
それがどうしてこんなことになったのか。
ただ一つわかることは、逃げなければならないということだけ。
だけど。

「お前、名は何といったか」

今、自分を組み敷く男に、澄月は抗うすべを持たなかった。

見目麗しい澄月を、一目で見染めた男が澄月の意思などお構いなしに、彼を奪い捕らえる話


・地味に実は他の異世界話と同じ世界観
・男女関係なく子供が産める魔法とかある異世界の中での中華っぽい国が舞台
・「後宮の秘姫は知らぬ間に、年上の義息子の手で花ひらく」のご両親のなれそめ
・我慢しきれんかったから突発的に書いたショートショート
・無理やり表現しかありませんし、ハッピーエンドでもありません
・何でもいい、攻めからの矢印大きすぎる話とか好き!って人だけどうぞ
24hポイント 99pt
小説 10,118 位 / 144,577件 BL 2,094 位 / 16,487件