最強覚醒者の禁忌聖魔 《リメイク版》

「いてててて、意外とやるなこいつ」

そう一人呟くのは、純白に染まった白に一筋の黒素が入った髪の少年。

彼の前に立ちはだかるのは一体の巨人。その大きさは並の城を容易く超えるほどの巨体、拳に宿る力は地割れを起こすことも難しくないだろう。

勝利という言葉が馬鹿馬鹿しくなるほどにその巨人の覇気は常軌を逸し、巨人の目線を一身に背負う少年の絶望感は想像に難しくないだろう。

そんな巨人を前に少年は臆することなく立ち塞がっている。それもその瞳には恐怖など存在せず、誰が見ても不可能なはずの勝利を確信した光だけが強く輝いていた。

一体何故少年はあり得ない未来を自身の糧とし絶望に打ちひしがれることなく立ち続けることが可能なのか。その疑問は万人の人々が抱くことだろう。

そしてその疑問に答えるかのように少年は薄ら笑いを浮かべながら巨人へと一歩一歩足を歩ませた。

「何故俺が立っていられるかって?簡単さ、神域戦争初っ端の激戦潜り抜けた俺にとってはこの程度の奴なんて強敵でもなんでもないのさ」

そう、それは子供の身体からは想像出来ないほどの力を宿す闘神と呼ばれた少年の物語である。
24hポイント 0pt
小説 105,995 位 / 105,995件 ファンタジー 28,059 位 / 28,059件