邪悪を正すことはできない

苦しみ悶えるその身体にナイフを押し込んでは、抜くを繰り返した。死にかけの身体がナイフを迎える時、筋肉が恐怖で硬直し、抜く瞬間には脱力するのを見るたびに、得も言われぬ高揚感に襲われた。まるで全身の血が沸騰するようなとびっきり熱い刺激に僕は中毒になっていた。

青羽ライト執筆企画_7月度(テーマ:「ホラー×人怖」)
24hポイント 0pt
小説 125,103 位 / 125,103件 ホラー 4,427 位 / 4,427件