鬼村という作家

あの先生、あんまり深入りしない方が良いよ――……。

得体のしれない社会不適合女のホラー作家鬼村とその担当の不憫な一口が、日常の中に潜む何かと不意に同じ空間に存在してしまう瞬間のお話

第6回ホラー・ミステリー小説大賞で奨励賞を頂きました。投票してくださった皆様有難う御座いました!(二十二話時)
24h.ポイント 85pt
0
小説 10,788 位 / 185,405件 ホラー 138 位 / 6,786件