忘却の彼方

武の名門と呼ばれる名家に生まれ育った風祭響。三歳から厳しい英才教育が始まった。両親の期待に答えるため、血の滲むような努力を重ねてきた。しかし、どんなに努力を重ねても、無力な自分を変えることはできなかった。次第に家族の態度が変わっていき、地下室に監禁される。侮蔑され、拷問され、生死の境界をさまよう。何とか一命を取り留めた響は、虎視眈々と地下室から逃げる機会を窺い、逃走を図る。
24hポイント 21pt
小説 12,852 位 / 67,895件 ファンタジー 2,773 位 / 20,610件