ソクラテスの月が登る頃

とある満月の夜、変死体を見つけた少年、天月 登。出会ったこともない男の変死体に既視感を覚える登。
(たしかに僕はあの男を知っている。でもなぜ?)
その疑念が拭えぬまま、月日は経つ。

ある日、登にある確信がよぎる。

[僕は確かにアイツに2回殺された。]

この確信が意味するものとは·····。

そして変死体の男の正体とは·····。
24hポイント 0pt
小説 74,336 位 / 74,336件 ミステリー 1,868 位 / 1,868件