大暑の救援人―涼を作り出す妖精―【イルケマラム建国記番外】

例年に比べても暑い夏、口がちょっと悪い少女ワルダは、謎の高熱にうなされている家族たちを看病していた。
けれども全然治る気配がしない。そんなとき長老に呼び出されたワルダは、その高熱の原因は呪いのせいだと言われ、その呪いを解くためにあるか分からない聖なる氷を探すことになって?
ワルダは家族の呪いを解くことが出来るのだろうか。
短編読みきり暴君の奴隷と同じ世界です。
24hポイント 0pt
小説 100,209 位 / 100,209件 ファンタジー 26,940 位 / 26,940件