水の獣(みずのけもの)

 渓流魚イワナ(岩魚)は、渓流に棲むあらゆる生物を食べてしまう性質から「獣」と呼ばれることがある。
 主人公、守は、仕事でメンタルを病み、帰省した田舎で久しぶりの渓流釣りに出かけた。
 そこは、人のあまり入らない穴場。
 守は、そこで、水浴びをする女の幻にあう。
 その女は、守の幼なじみ、ヒトミ。
24hポイント 0pt
小説 60,498 位 / 60,498件 現代文学 2,646 位 / 2,646件