幸せドアノッカー

神楽坂穏は小さい頃から運命との出会い、愛し合い番になる事に強い憧れを抱いていた。
しかし、自分は平々凡々。
もし、運よくお姫様と出会えても素通りされてしまうだろう。
だけど、諦めきれない。

中途半端な思いを抱えたままただ日常を過ごす中、迷い込んだ先でみつけた猫の形のドアノッカー。
どうも何かのお店のようだけど……。
24hポイント 7pt
小説 22,902 位 / 99,366件 BL 4,167 位 / 9,861件