ついでに喚ばれただけなのに。

神部悠真は、双子の弟である翔真と共に異世界へと召喚されてしまった。

ある日、依頼されたクエストをこなしていると、運悪く滑落してしまう。
足を捻ったらしく、上手く立ち上がる事も出来ない。
途方に暮れていると、影が差し込んだ。
「大丈夫か?」
掛けられた声に肩が跳ね、見上げた先の人物に冷や汗が吹き出た。
その男は…―。
24hポイント 0pt
小説 140,159 位 / 140,159件 BL 15,862 位 / 15,862件