仁蕾

仁蕾

薄いBLをファンタジー色強めで書いております。よろしくお願いいたします!
5
BL 連載中 長編
星呂康泰、十八歳。 ある日の夕方、家に帰れば知らない男がそこに居た。 黒を纏った男。さらりとした黒髪。血のように赤い双眸。雪のように白い肌。 黒髪をかき分けて存在を主張するのは、後方に捻れて伸びるムフロンのような一対の角。 本来なら白いはずの目玉は黒い。 「お帰りなさいませ、皇妃閣下」 男は美しく微笑んだ。 ---------------------------------------- ▽なろうさんでもこっそり公開中▽ https://ncode.syosetu.com/n3184fb/
24hポイント 1,775pt
小説 669 位 / 53,840件 BL 76 位 / 4,313件
文字数 107,441 最終更新日 2019.08.14 登録日 2018.11.23
BL 連載中 長編
 ひとりの女が、ひとり娘を亡くして咽ぶ王妃に言った。 『この花を差し上げましょう』  差し出されたのは、花。  紅い、何処にでもあるような花だった。  しかし、何処にもない花だった。  陽光を浴びて綺羅綺羅と輝く花。  月明かりを浴びて深深と艶めく花。  それは、花ではなく宝石だった。  生花と変わらぬ佇まいで、美しさはより一層。  王妃は問う。 『この花は、一体どうして…』  女は微笑んだ。美しく、虚ろに。 『そちらはわたくしが造りました。美しい王女への餞に』
24hポイント 14pt
小説 15,427 位 / 53,840件 BL 2,050 位 / 4,313件
文字数 6,091 最終更新日 2019.05.19 登録日 2019.05.18
BL 連載中 長編
ある山の奥深く。 一族の里ありけり。 額に二角聳えし勇壮なる鬼。 額に一角飾りし艶美なる鬼女。 里に住まう青年は、『人柱』。 その異形の能力を以って、その里を護っていた。 都に住む男は、風来坊。 軽やかな足取りで広い都を、野山を歩く。 出会うはずの無かった二人。 出会ってしまった二人。 天に定められた予定調和が狂ったその先で向かえるのは、光か、闇か。
24hポイント 7pt
小説 17,975 位 / 53,840件 BL 2,555 位 / 4,313件
文字数 21,694 最終更新日 2019.05.16 登録日 2019.05.16
BL 連載中 長編
神部悠真は、双子の弟である翔真と共に異世界へと召喚されてしまった。 ある日、依頼されたクエストをこなしていると、運悪く滑落してしまう。 足を捻ったらしく、上手く立ち上がる事も出来ない。 途方に暮れていると、影が差し込んだ。 「大丈夫か?」 掛けられた声に肩が跳ね、見上げた先の人物に冷や汗が吹き出た。 その男は…―。
24hポイント 14pt
小説 15,466 位 / 53,840件 BL 2,053 位 / 4,313件
文字数 2,829 最終更新日 2018.11.27 登録日 2018.11.27
BL 連載中 長編
『神の光』と称されるジアー・ウスフール・サッタールは、男子禁制のムスタファー神殿で生まれた唯一の男。 満月の光降り注ぐ夜。 彼は『牢獄』に繋がれる。 後宮と言う名の牢獄に…―。
24hポイント 21pt
小説 13,318 位 / 53,840件 BL 1,739 位 / 4,313件
文字数 7,024 最終更新日 2018.11.25 登録日 2018.11.25
5