セカンドライフは魔皇の花嫁

星呂康泰、十八歳。
ある日の夕方、家に帰れば知らない男がそこに居た。
黒を纏った男。さらりとした黒髪。血のように赤い双眸。雪のように白い肌。
黒髪をかき分けて存在を主張するのは、後方に捻れて伸びるムフロンのような一対の角。
本来なら白いはずの目玉は黒い。

「お帰りなさいませ、皇妃閣下」

男は美しく微笑んだ。
24hポイント 6,397pt
小説 205 位 / 37,665件 BL 17 位 / 3,039件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

死んだはずの俺に2度目の人生があった件

BL / 連載中 24h.ポイント:340pt お気に入り:99

赤ちゃんの卵-a baby's egg-

BL / 連載中 24h.ポイント:1137pt お気に入り:18

異世界転生はうっかり神様のせい⁈

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:11246pt お気に入り:3494

異世界転生した俺は、産まれながらに最強だった。

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:6851pt お気に入り:3307

【R18】悪役令嬢は元お兄様に溺愛され甘い檻に閉じこめられる

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:13839pt お気に入り:2766

王子は巨乳好きですが、ビン底眼鏡の貧乳メイドに逆らえないようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:7662pt お気に入り:339

恋を知らない麗人は

BL / 連載中 24h.ポイント:560pt お気に入り:463

死にたがりの令嬢が悪役令嬢として異世界転生してしまった件

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:6476pt お気に入り:3179

異世界で総菜屋始めます

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:75346pt お気に入り:2506