セカンドライフは魔皇の花嫁

星呂康泰、十八歳。
ある日の夕方、家に帰れば知らない男がそこに居た。
黒を纏った男。さらりとした黒髪。血のように赤い双眸。雪のように白い肌。
黒髪をかき分けて存在を主張するのは、後方に捻れて伸びるムフロンのような一対の角。
本来なら白いはずの目玉は黒い。

「お帰りなさいませ、皇妃閣下」

男は美しく微笑んだ。


----------------------------------------
▽なろうさんでもこっそり公開中▽
https://ncode.syosetu.com/n3184fb/
24hポイント 383pt
小説 3,432 位 / 105,393件 BL 595 位 / 10,637件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

紅蓮の獣

BL / 完結 24h.ポイント:35pt お気に入り:141

平民を好きになった婚約者は、私を捨てて破滅するようです

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:75516pt お気に入り:4678

捕らわれた犬は青年に手加減無く打ちのめされる

BL / 完結 24h.ポイント:21pt お気に入り:6

皆さん勘違いなさっているようですが、この家の当主はわたしです。

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:336072pt お気に入り:8330

かぶっていた猫が外れたら騎士団にスカウトされました!

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:31219pt お気に入り:4893

転移したらダンジョンの下層だった

Gai
ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:7897pt お気に入り:3181

傾国オメガの蜜の罠

BL / 連載中 24h.ポイント:18276pt お気に入り:246

どなたか私の旦那様、貰って下さいませんか?

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:23948pt お気に入り:2686