セカンドライフは魔皇の花嫁

星呂康泰、十八歳。
ある日の夕方、家に帰れば知らない男がそこに居た。
黒を纏った男。さらりとした黒髪。血のように赤い双眸。雪のように白い肌。
黒髪をかき分けて存在を主張するのは、後方に捻れて伸びるムフロンのような一対の角。
本来なら白いはずの目玉は黒い。

「お帰りなさいませ、皇妃閣下」

男は美しく微笑んだ。


----------------------------------------
▽なろうさんでもこっそり公開中▽
https://ncode.syosetu.com/n3184fb/
24hポイント 2,742pt
小説 473 位 / 42,965件 BL 52 位 / 3,426件
1 / 5

この作品を読んでいる人はこんな作品も読んでいます!

これは報われない恋だ。

BL / 連載中 24h.ポイント:8258pt お気に入り:1426

私がいつの間にか精霊王の母親に⁉️

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:18234pt お気に入り:4063

異世界転移したんだけど周りが全員過保護なホモだった件

BL / 連載中 24h.ポイント:7135pt お気に入り:3107

異世界に転生したら竜騎士たちに愛されました

BL / 連載中 24h.ポイント:21840pt お気に入り:2276

三度目の恋

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:4162pt お気に入り:127

第三王子は転生者

BL / 連載中 24h.ポイント:27685pt お気に入り:1553

BADENDから始まる悪役令嬢 ~領地経営で成り上がり~

恋愛 / 完結 24h.ポイント:6148pt お気に入り:3797

???妄想ノート~奴隷を夢見る女の子???

恋愛 / 連載中 24h.ポイント:63pt お気に入り:49

大自然の魔法師アシュト、廃れた領地でスローライフ

ファンタジー / 連載中 24h.ポイント:152635pt お気に入り:9508