紅雨-架橋戦記-

伊賀の名家立花家の一人息子な少年忍者・立花楽。
甲賀の名家法雨家の跡継ぎで、美男で有名なエリート忍者・法雨里冉。

二人は家が敵対する関係でありながら、幼少期にたまたま出会っていたことで仲良くなった親友であった。

ところが数年前、里冉は突然楽の前から姿を消した。


里冉ともう一度会いたい。
そう願う楽が望んだのは、今二里を賑わせている〝梯〟という忍び集団に関する任務に着くことだった。

二里共通の脅威である梯の任務に着けば里冉への手がかりが何か掴めるんじゃないか。
そう思っていた矢先、里直属班〝火鼠〟への配属が言い渡される。
喜ぶ楽の前に突然現れたのは​───────

探していた里冉、その人であった。



そんな二人の六年越しの再会によって、物語は突如動き出す。

いきなり梯に遭遇したり、特別中忍試験として班員と戦ったり、変なクナイを手に入れたり、弟子入りしたり、そしてまた大事な人と再会したり……


これは楽と里冉、二人の少年忍者が梯との戦いの最中、忍者とは、忍道とは、を探しながらもがき成長していく物語。



***

法月杏が描く現代×忍者の和風ファンタジー創作『紅雨』の本編小説です。
別サイトで公開していたもののリメイク版となります。正直リメイクというかほとんど書き直し。漫画のプロット書く時に変更した点のおかげで……(自業自得)
小説ど素人な絵描きの拙い文章ですが、漫画よりは先に読める紅雨、ということで……

※少々グロい表現も出てくるためR15にしています
24hポイント 7pt
小説 16,742 位 / 66,113件 ファンタジー 4,095 位 / 20,324件