怪人ヤッラーの禁断の恋

急に声が出なくなった「黒子」があだ名の劇団員。

声が出なくてもできる、割のいいバイトを探していたら、劇団の同期がショーのレンジャーのバイトを紹介してくれた。ただ、このバイトは訳ありで、しかも、一対一でアクションをする怪人ヤッラーがとんでもない奴で・・・。

声の出なくなった劇団員が、同じ劇団のライオンを変に意識したり、バイトで大柄の怪人ヤッラーに振り回されるBL小説です。R18。



24hポイント 0pt
小説 148,492 位 / 148,492件 BL 17,075 位 / 17,075件