バスが来るまで

最終バスで美咲は幹太のもとから離れてしまう。
人も車も通らない雪道を二人は歩いていた。
二人で過ごした日々を思い出しながらバス停まで歩く。冬の切ない短編小説

「カクヨム」、「小説家になろう」、「エブリスタ」にも掲載しています。
24hポイント 49pt
小説 8,742 位 / 57,654件 現代文学 134 位 / 2,447件