彩の目覚め

 後輩の名前は、朝月彩。彩と書いて、”さや”と読むらしい。
 自己紹介や、客先での名刺交換で何度も聞いて覚えてしまっている。

 俺は、IT会社に入社3年目の若造だが、部署を一つ任されている。
 最初は、新人の教育をメインにやるはずだったが、いつの間にか他社のシステムに組み込まれてしまった不遇の部署だ。

 上司や諸先輩方は、客先に常駐しているために、実質的なトップが俺になってしまっている。
 理不尽さを抱えながら、仕事をしていた。

 新しく配属される人物に、好きな新人を選ばせてくれたら、部署を引き受けると言ったセリフから始まった冗談のような部署だ。

 そして、配属されたのが、朝月彩だ。
 新人の女の子で、コロコロ笑う姿が人気だ。身長もとある部分も小さい。女性ではなく、女の子という表現が正しい。

 そんな、後輩と俺の関係が一遍した出来事が発生した。
24hポイント 14pt
小説 28,797 位 / 140,697件 恋愛 13,272 位 / 43,591件