ワンテンポ遅れた君のリズムは、たった一つの宝物

私立・菊才賀音楽高等学園(きくさいがおんがくこうとうがくえん)。
音楽が好きで、有名な音楽学校に入った少女・鏡矢 音花(かがみやおとか)。
魔法で音楽を鳴らす術はまだ習得していない。
そして彼女はどうしても、周りの人達とリズムがずれてしまう。
それは、彼女の取るリズムがワンテンポ遅れているからに他ならない。

ゆっくりリズムを取る音花。
せかせかしてしまう鳴(めい)。
自分勝手なテンポの詩乃(うたの)。
個性がぶつかって、分かりあって、丸くなり。
そして、世界へ素敵な旋律を届ける。

魔法と音楽が組み合わされた私達のステージ。
これ以上にファンタジーなステージはあり得ない。
24hポイント 0pt
小説 48,573 位 / 48,573件 ファンタジー 16,146 位 / 16,146件