孤独のすのぅほわいと

デビューわずか3ヶ月で世間に名を知らしめたアイドル・白雪ねねは普通の少女"白井音々子"として生きるには、人を好きになる事が出来なくなっていた。

それでも人の心に触れ合い、凍っていた心は溶け始め、"好き"を知る。


「──私は、"好き"が分からない」


それは過去とトラウマと恋が交差する、とある少女の物語。



▷音々子目線
▶統矢目線
24hポイント 0pt
小説 49,122 位 / 49,122件 恋愛 11,669 位 / 11,669件