君は煙のように消えない

付き合って1年の記念日に彼女にふられた「僕」は、あの手この手を使い過去との決別を図る。煙草を始め、勉強に勤しみ、バイトを増やし、マッチングアプリまでインストールした。それでも彼女は僕の心から煙草の煙のようには消えていってはくれない。あの恋は僕に何を与え、何を残し、何を奪っていったのか。僕はまた、前を向くことができるのだろうか。理想と現実の狭間に揺れながら、自分や他者の存在を模索する失恋小説。
24hポイント 0pt
小説 105,439 位 / 105,439件 恋愛 29,710 位 / 29,710件