戦闘姫と呼ばれた少女の願い


時はいつだったか、この世界が戦に溢れていた時代。

その者は長い髪をたなびかせて戦場を駆け回り、その身を赤へと変えた。

まだ若きその者は何を思い戦場を駆けていたのか、誰も知るものはいない。




「知らなくっていいわよ!私が戦うのはダーリンの為なんだから。」


長き戦を終えた世界で戦闘狂、歩く戦闘機と揶揄される少女の物語。



24hポイント 7pt
小説 20,343 位 / 84,518件 恋愛 8,199 位 / 22,507件