もう海へは行かない

土砂降りの雨の日に、昌樹の家に転がり込んできた身寄りのない少年、水音。
共に暮らし始めて、恋人のように過ごし始める二人だったが、水音は水溶性だった。
24hポイント 0pt
小説 80,253 位 / 80,253件 BL 7,324 位 / 7,324件