Blue Rose~傍役令嬢のアフターケア~

 ある社交パーティーの場でたくさんの殿方を侍らせているロマンス小説のヒロインみたいな少女。
 私は彼女たちを気にせず、友人たちとの談笑を楽しんだり、軽食に舌鼓を打っていた。

 おや? ヒロイン少女が王子に何かを耳打ちしている。
 何を言っているのだろうと眺めてたら、王子がびっくりしたように私を見て、こちらへやって来た。
 腕を捕まれて──うぇ!? 何事!?

 休憩室に連れていかれると、王子は気まずそうに言った。

「あのさ、ないとは思うけど、一応確認しておくな。お前、マロンに嫌がらせとかした?」

 ・・・・・・はぁ?

 これは、お馬鹿ヒロインによって黒歴史を刻まれた者たちを成り行きでアフターケアする令嬢の物語である。
24hポイント 7pt
小説 19,814 位 / 87,247件 恋愛 8,144 位 / 23,022件